審美歯科

審美歯科

審美歯科とは?

あなたの笑顔に磨きをかけてみませんか?

あなたの笑顔に磨きをかけてみませんか?

あなたは、歯が痛くない、噛めるというだけで満足ですか?
変色した前歯や奥歯の金属が気になりませんか?
笑顔のときの口元に自信はありますか?

人の数ある欲求の中でも、より健康でいたい、より若々しく、そしてより美しくありたい、と願うのは上位にランクされる自然な欲求ではないでしょうか?

笑顔はすべての人に与えられた、それ自体が美しい価値のあるものです。
その笑顔にさらなる磨きをかけるのが審美歯科です

美しい歯並びは一生の財産でしょうし、白く輝く、ピカピカした歯は人を魅了します。

黄ばんだ歯や黒ずんだ歯茎、虫歯の治療後の変色した歯、笑うと見える金属歯、デコボコした歯並び、不揃いな歯、歯と歯にある隙間…これらはどれも美しく変え、治療することができます。これが審美歯科です。

審美をすることで、貴方が人に与えるイメージは驚くほど変わります。

そしてなにより、ご自身の口元や笑ったときに見える、虫歯の治療の痕跡を残さない白く輝く歯に自信を持たれ、満足されることでしょう。

人工歯に近い自然な美しさ!セラミックの被せ物の特徴

人工歯に近い自然な美しさ!セラミックの被せ物の特徴

セラミックは身体に優しい

金属を使用しないので、金属アレルギーの心配はありません。
*治療内容によっては、金属を使用する場合もあります。

セラミックは色調イロイロ

肌の色が人により違うように、歯の色にも個性があります。
セラミックはあなたの歯の色に合わせて色調を調整できます。

セラミックは変色しない

セラミックは入れたときは白かったのに、いつの間にか黄色くなった。ということがありません。

セラミックは丈夫で長持ち

セラミックは強度に優れており、磨り減らず長くご使用いただけます。

セラミックだと歯茎も美しく

歯茎を変色させない金属もありますが、金属を使ったクラウンやクラウンブリッジは歯茎と接している部分を黒く変色させます。
セラミックは化学反応による腐食がなく、歯茎を変色させることはありません。

当院で取り扱っている自費補綴について

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたもので、耐久性があります。
審美性では金属を使用しないものに及びませんが、見た目がよく強度も強いので非常によく使用されます。

オールセラミック

オールセラミックは金属を含まず、セラミックのみを使用するため、金属アレルギーや歯茎の黒ずみを予防することもできます。
使用するセラミックの種類としてはe-maxやジルコニア、ポーセレンなどがあり、審美性や強度などを考慮して選択します。

e-max

二ケイ酸リチウムガラスという高強度ガラスセラミックス素材を使用した素材です。
透明感と強度に加えしなやかさがあるため、内側を補強するフレームを必要としません。

ジルコニア

ファインセラミックスの一種で、強度が高いためオールセラミッククラウンの内側に使用されます。歯ぎしりや咬む力が強い方の奥歯のオールセラミッククラウンの作成に向いています。
透明感が少ないため、前歯に使用する場合は表面にポーセレンを焼き付けて審美性に配慮します。

ポーセレン

ポーセレンとは、いわゆる陶材のことです。見た目が良く、歯垢(プラーク)がつきにくい点で優れていますが、衝撃に弱く割れやすいという欠点があります。

ハイブリットセラミック

オールセラミックほどの透明感はありませんが、歯に近い色まで合わせることはできます。
セラミックとプラスチックの成分が含まれており、セラミックの硬さとプラスチックの粘りを兼ね備えています。

ファイバーコア

神経を取りもろくなってしまう歯の補強のため、強化繊維とコンポジットレジンを組み合わせて作った埋め込み用の土台がファイバーコアです。
対して一般的に使用される金属性の土台は色素沈着を起こすことがあり、また、硬すぎるため咬合力が強い人は歯が割れてしまう場合があります。

審美歯科 QA

Q:審美歯科って?

A:審美歯科とは、従来の歯科が虫歯や歯周病などの病気を治すことを目的としているのに対して、美しさと健康の両方を目的としています。歯単に歯を白くするだけではなく、歯並びや歯茎の状態などもトータルで考えて美しくするという意味です。

Q:歯が黄色くて気になっています。白くしたいのですが。

A:歯の変色の主な原因は3つあります。1つはコーヒー、タバコのヤニ、茶しぶなどの歯に付着した沈着物による変色の場合。2つ目は、以前治療した差し歯などの変色歯。3つ目は、歯の内面からくる生まれつきの変色。それぞれに治療法が違いますので、ご相談ください。

Q:奥歯の銀歯が目立つのですが何とかなりますか?

A:保険適用外にはなりますが、銀素材の代わりにセラミック素材を被せることで、天然歯のような見た目の美しい歯になります。セラミック素材ですから金属アレルギーの心配もありません。

Q:歯茎が黒くなっているのですが、元通りになりますか?

A:歯茎が黒くなる原因には、メラニン色素の増殖、金属を用いた治療によるものなどがあります。ピンク色の歯茎に戻すには、メラニン色素沈着の場合はレーザー治療、歯茎の表面に薬剤を塗り表層をはがす方法などがあります。金属が原因の場合は、オールセラミック、グラスファイバーを用いた治療によって変色を防ぐことができます。

ページトップへ